Top / 資料集・リンク集 / 解析全般

資料集・リンク集/解析全般

IRAF

インストール

インストール/ソフトの問題点と、解決方法

  • IRAF 2.15.1a の 64-bit 版、OS Fedora で、整数型のデータをうまく扱えないようです(fits ヘッダの BITPIX で確認)。具体的にはサブピクセルの移動等で補間を必要とする際に (imshift, geotran, imedit等)、結果の画像のデータがストライプ状になってしまう(ビューワーの問題ではない)ようです。対処療法としては、値を float にしてしまう、という手があります。fits を読んで値自体を float で(double でもいいでしょうが、ファイルサイズは大きくなります)書き直してもいいですし、IRAF/imar で 1.0 を掛けてもいいです。Ubuntu では確認していないですが、少なくとも 2.14 を 64-bit で使った場合は問題ないようです。(2012年3月)
    →IRAF 2.16 ではこの問題は解消されたようです。(2012年4月)
  • IRAF 2.16 の 64-bit 版で cosmicrays タスクが使えない場合の対処法
    ここを参考にして、この URL にある x_crutil.e をダウンロードし、 noao$bin/linux64 ディレクトリに置く。

全般のチュートリアル

撮像、測光

分光

IDL

IDL 言語の基礎

インストール

  • Tips
    • Fedora 15以降の場合、IDLのライセンスマネージャが正常起動しない場合がある。これは、biosdevname サービスによって、OS側でのネットワークデバイスのネーミングが変更になったため(ethxx でなくemxx になる)。解決方法の一つとしては、biosdevname を止めれば良い(/boot/grub/menu.lst を編集し、biosdevname=0 として再起動)。
  • 天文用パッケージの導入

ビューワー

FITS

IRAF, IDL によるソフトウェア開発

FITSIO, WCS

CFITSIO

WCS

各装置の解析マニュアル:リンク紹介のみ

すばるの解析のページ (Subaru data Reduction Manuals)

すばる春/夏/秋/冬の学校

あかり

少し特殊な観測手法でとったデータの解析法入門

偏光

光赤外線干渉計

いろいろな解析ソフトウェア

SExtractor(微光天体検出測光)

PEGASE(星種族合成)

Hyperz(photometric redshift)

Galfit (銀河表面輝度分布フィット)

Kurucz恒星大気モデルフィット

Cloudy (電離ガスモデル)


添付ファイル: filepyraf-textbook.pdf 4532件 [詳細] filepython-adc2012.pdf 14025件 [詳細] fileiraf.pdf 8060件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-12-19 (木) 08:31:18 (1281d)